合宿免許では苦手な部分も仲間と解決

合宿免許での勉強

合宿免許というのは合宿形式で教習を受けますが、学科や実技の教習を中学や高校に通うのと同じくらいの生活スケジュールで過ごすことになります。そのため、朝から教習が始まって夕方には終了するため思いの外時間があるものです。夕方からの時間も遊びに出かけようと思っても郊外であるためになかなか難しいものですし、自ずと合宿施設で過ごすことが増えるものです。

そうすると合宿に参加しているメンバーと過ごす時間も増えるものです。
宿泊施設での過ごし方として、皆と談笑することももちろんあるのですが、それ以外にも試験の勉強を一緒にすることも多くあります。合宿免許は毎回の試験をその場で合格しなければ皆と卒業することができないだけでなく、追加で教習を受けることとなり追加の合宿を受けるとなると帰宅も遅くなりますし追加料金も発生してしまいます。

仲間それを避けるためにも皆で一緒に卒業しようという仲間意識が芽生えてお互いに教え合ったり不安な点を相談して解決したりという時間が設けられるのです。
勉強していてもわからないことがあればすぐに誰かに教えてもらえること、教えあうことで互いに成長ができること、一緒に頑張る仲間がいることは励みにもなり合格につながりやすいのです。


Scroll To Top