合宿免許では苦手な部分も仲間と解決

合宿免許とは

合宿免許は、夏休みや春休みといった長期休暇の期間に多く行われる合宿での免許取得の形式です。わざわざ合宿をしなくても、普段の生活の中で通えるから通学型で十分だと思われることもありますが、合宿には通学型とは異なるメリットがたくさんあります。

一般的な教習所に通学する場合には最短でも3週間、最長だと半年どころか卒業をできないというケースもあります。また、毎日の日常生活の中で通うので学校や仕事の合間に通うため、思うように通えないこともありますし、免許の取得の勉強時間が取れなかったりそれに対して合宿免許は2週間で取得ができますし、毎日免許取得のための勉強に集中できる環境が整っています。教習所と宿泊先とを往復するのは通学バスが出ていることも多いですし、場合によっては合宿施設が教習所のすぐ近くにあることもあります。合宿であれば地元ではないために教習の合間にバイトに行ったり学校に行ったりする必要もありません。そして、教習費用も通学型よりも合宿免許の方が宿泊費も込みなのにリーズナブルというメリットもあります。

もちろん、自宅の近くではないために合宿中には学校や仕事に行くことができないためにスケジュール調整が大変であったり、潔癖症や集団行動が苦手な人は生活面での不安も大きいのというデメリットはありますが、そのデメリットを超えるだけのメリットも多くあります。そこで、ここでは合宿免許のメリットである、合宿を通して出会える仲間がいることの良さについて紹介していきます。

Scroll To Top