合宿免許では苦手な部分も仲間と解決

合宿免許での勉強

合宿免許というのは合宿形式で教習を受けますが、学科や実技の教習を中学や高校に通うのと同じくらいの生活スケジュールで過ごすことになります。そのため、朝から教習が始まって夕方には終了するため思いの外時間があるものです。夕方からの時間も遊びに出かけようと思っても郊外であるためになかなか難しいものですし、自ずと合宿施設で過ごすことが増えるものです。

そうすると合宿に参加しているメンバーと過ごす時間も増えるものです。
宿泊施設での過ごし方として、皆と談笑することももちろんあるのですが、それ以外にも試験の勉強を一緒にすることも多くあります。合宿免許は毎回の試験をその場で合格しなければ皆と卒業することができないだけでなく、追加で教習を受けることとなり追加の合宿を受けるとなると帰宅も遅くなりますし追加料金も発生してしまいます。

仲間それを避けるためにも皆で一緒に卒業しようという仲間意識が芽生えてお互いに教え合ったり不安な点を相談して解決したりという時間が設けられるのです。
勉強していてもわからないことがあればすぐに誰かに教えてもらえること、教えあうことで互いに成長ができること、一緒に頑張る仲間がいることは励みにもなり合格につながりやすいのです。


合宿免許での出会い

スケジュール帳合宿免許では、普段知り合うような機会のない人たちと出会えることが魅力としてあります。
まずは、様々な場所から受講者が集まるので日頃自分が足を運ばないような地域の人と知り合うこともできます
また、職種や年齢も様々な人たちが集まります。
どうしてもスケジュールの都合から学生が多く集まりがちですが、大学生以外にもフリーターの人や、仕事の長期休暇を活用して参加する人、求職中の人、など様々な状況にある人が合宿に参加しています。

私たちの生活は、日常生活の中では無意識のうちに同じような環境の人たちが集まりやすいものです。このような非日常な空間に行くことで日頃出会えないような人たちと出会え、そのような人たちとの会話はとても刺激的で参考になることも多くあります。
人見知りな人は参加するにあたって友達ができるか、教習以外の時間を上手に過ごせるか、と不安になるものです。

確かに、集まった最初は知らない人に声をかけるのに勇気が必要なものです。しかし、同じ目的で参加している仲間というのは自ずとその話題があるおかげで、自然な流れで会話もできるものですし、自然と打ち解けやすいものです。一人で参加が不安な場合には友人と参加することも可能ですし、一人で参加ならば個室にすることもできますから不安がある人は安心して参加できる環境を整えることも十分にできます。


合宿免許とは

合宿免許は、夏休みや春休みといった長期休暇の期間に多く行われる合宿での免許取得の形式です。わざわざ合宿をしなくても、普段の生活の中で通えるから通学型で十分だと思われることもありますが、合宿には通学型とは異なるメリットがたくさんあります。

一般的な教習所に通学する場合には最短でも3週間、最長だと半年どころか卒業をできないというケースもあります。
宿泊また、毎日の日常生活の中で通うので学校や仕事の合間に通うため、思うように通えないこともありますし、免許の取得の勉強時間が取れなかったりそれに対して合宿免許は2週間で取得ができますし、毎日免許取得のための勉強に集中できる環境が整っています。
教習所と宿泊先とを往復するのは通学バスが出ていることも多いですし、場合によっては合宿施設が教習所のすぐ近くにあることもあります。
合宿であれば地元ではないために教習の合間にバイトに行ったり学校に行ったりする必要もありません。
そして、教習費用も通学型よりも合宿免許の方が宿泊費も込みなのにリーズナブルというメリットもあります。

もちろん、自宅の近くではないために合宿中には学校や仕事に行くことができないためにスケジュール調整が大変であったり、潔癖症や集団行動が苦手な人は生活面での不安も大きいのというデメリットはありますが、そのデメリットを超えるだけのメリットも多くあります。そこで、ここでは合宿免許のメリットである、合宿を通して出会える仲間がいることの良さについて紹介していきます。


Scroll To Top